​ギャラリー

​まずは、土地の規模、家族構成や建物の用途など考慮して間取りを決定していきます。

その後に、キッチン、ユニットバス、クロスやタイルなど要望があれば、

規格品の納まり、見積りや追加予算など検討していきます。理想のイメージは、

各メーカーのホームページ、各所開催の物件見学会などで形成するのもひとつの手です。

1.7s.gif
o-2se-1.jpg
o-2se-2.jpg
o-2se-4.jpg
o-2se-3.jpg
紺修正.jpg
緑修正.jpg
茶修正.jpg
パターン5.jpg
パターン6.jpg
パターン8.jpg

フリーで利用できるWeb上の3Dデータビュワーで、

建物形状や外構、高低差などを検討出来ます。

viewer注.jpg

※Viewerで閲覧の際は、

①Z軸調整②上下反転を

​行うと見やすいです。(右図)

高低差のある土地では、整地・造成に

費用がかかります。既存の地形を残しつつ、

スペースを有効活用するよう心掛けています。

小さな土地でも配置を考慮すれば、

駐車場や採光を確保しつつ計画することも

​可能かもしれません。3物件のサンプルを掲載。